出会い系で知り合った陽子は超絶テクニックを持った巨乳人妻だった

出会い系を使ったのは、実家に帰って、あまりにもヒマすぎたせいだった。ダメモトっていうか、ヒマつぶし感覚でいたのがよかったのか、陽子という人妻をゲットできた。

 

待ち合わせ場所にいた陽子をみて、おれは目を疑った。

 

「マジで?」

 

あの人妻だなんて信じられないくらい若くて、イケイケなミニスカ、キャミの痴漢待ちってくらい露出しちゃってるのが陽子なわけ?

 

立ち読みしている陽子の体を周りの男達がちらちらと視姦しているのがわかる。おれはダッシュで、陽子の元に駆けつけ、愛車に連れてきた。

 

男達の羨望のまなざしが心地いい。陽子はキレイというよりかわいい系で、ぽってりとした唇がなんともエロい。

 

白くもちもちしてそうな太ももに、はちきれんばかりの巨乳。やわらかそうな二の腕。くっきりと浮かんでいる鎖骨。どれをとっても、すばらしい人妻だった。

 

「まさとくんって、童顔だねえ。学生さんみたい。」

 

顔に似合わず、ハスキーな声で陽子は笑った。

 

時間がないから、即ラブホテルに直行。したまではよかったが、陽子に出会っただけで運を使い果たしてしまったのか、ラブホテルはどこも満室。

 

人気のない山道で停車したおれは、絶望のため息をついた。せっかくこんないい女とヤれるはずだったのに…。

 

「ねえ、もう我慢できないから、ここでしちゃおうか?」

 

陽子はシートベルトをはずして、おれの方に体をのりだした。

 

つやつやと唇が光っていて、巨乳の谷間がみえていて、せりあがっているミニスカがもうギリギリだ。おれはごくりとつばをのみこんだ。

 

カーセックスは初体験で、正直、上手くやれる自信なんてない。でも、こんな据え膳を逃すわけにはいかない。

 

おれは陽子のきゃしゃな体を抱きしめて、唇を奪った。すぐに陽子の舌がおれの口の中に入ってくる。

 

乱暴なぐらい口の中を舌でかき回されて、不覚にもおれは気持ちよくなってしまった。なんとか陽子の舌に自分の舌を絡めるが、とても敵いそうにない。唇を離したときには、おれだけ息があがってしまっていた。

 

「ふふ。もうこんなに元気になってる。」

 

陽子はジーンズの上からおれのちんぽをさすった。ラブホテルを探しているときから勃起し続けているおれのちんぽは、ようやく刺激を与えられて、ますます硬くなってしまっている。

 

陽子の手でベルトをはずされて、おれはいそいそとちんぽを出した。自分でもびっくりするくらい先走りでぬるぬるしたちんぽは、むわっとしたニオイがしている。

 

陽子は洗っていないちんぽを躊躇なく、咥えた。思わず、仰け反ってしまうくらい根元まで一気に呑みこまれて、陽子の口の中にすっぽりとちんぽを包みこまれる。

 

横からフェラチオされるなんてはじめてだったから、今まで感じたことのない不思議な感覚だった。ひねられるように、ゆっくりと亀頭の方に舌と唇が上がっていく。

 

まるで吸い出されるように、唇が亀頭の先っちょにキスをした。すぐにまた根元まで口の中に咥えこまれる。

 

細い指が裏筋をこちょこちょとくすぐるように動いている。口の中で舌は、亀頭やカリ首をちろちろと舐めていて、もうなんていうか、プロ並みのフェラチオテクニックだ。

 

おれは一気に射精まで追い込まれそうになり、

 

「もう出そう…ヤバい…。」

 

とつぶやいた。

 

その瞬間、フェラチオはぴたりと止まってしまって、おれのちんぽは口から出されてしまった。はあはあと荒い息を吐いているおれのひざに、陽子がまたがってきて、腰を浮かせた。あっという間に、おれのちんぽは陽子のおまんこに呑み込まれてしまった。

 

「まさか…ノーパン?」

 

あんなミニスカでノーパンだったなんて、信じられない。ミニスカでノーパンだったせいか、フェラチオで興奮したのか、陽子のおまんこはぐちゅぐちゅで、おれのちんぽをするりと咥えこんでいる。

 

「まさとくんのちんぽ…すごいイイよ…。」

 

おれの耳元で、ハスキーな陽子の声がささやく。

 

おれは陽子のキャミの肩ひもを下ろして、ブラジャーもずらした。くびれたウエストにキャミとブラジャーがひっかかり、巨乳がむき出しになる。

 

勃起した乳首を交互にしゃぶりながら、おれはちんぽを動かした。窮屈で動きづらい感じがまた逆に、すごく興奮する。

 

「あんっ!すごい…イイ…。」

 

陽子は口の端からよだれをたらして、あえぎまくっている。

 

おれは陽子の足を肩にのせ、深く貫いた状態で、何度も最奥を突きまくった。ぶしゅっと精液がおまんこに弾け飛び、おれは中出しの快感にしびれながらも、ピストン運動を続けた。

 

「ああ…中出しされちゃった…おまんこに精液が…。」

 

恍惚の表情を浮かべた陽子は、おれにしがみついたまま、ぐったりしている。車の中にはいやらしいニオイが充満していて、シートにもしみこんでしまいそうだった。

 

ティッシュで中出しした精液を拭いながら、ゆっくりと抜いたけど、ぽたぽたと精液がしたたって、おれのジーンズを汚した。

 

それから、おれと陽子は、おれが帰省するたびにセックスするようになった。当然、ラブホテルでもセックスしているが、最初のカーセックスのときほど興奮できない。

 

カーセックスも試してみたけど、最初のときほどよくない。仕方がないので、今度は野外露出プレイでも試してみようと思っている。



見た目や年齢に関係なく無料でセフレを量産するプロの手法


ジゴロの館で官能小説や体験談を書き、さらに出会った女性に体験談を書かせられるのも、数々の出会いを生み出して関係を継続しているからです。

マッチングサイト(出会い系サイト)を有効に利用すれば、出会いには困らなくなります。しかし、業者だらけのサイトを利用したり相手が返事しにくいメッセージを送ったりしているため、一向に出会えないという男性は少なくありません。

実は、サイトの選び方ややり取りの方法には「鉄板のやり方」があります。

そこで、実際に出会いに困っていない人の体験をもとにマッチングサイト攻略法を解説。これだけは外せないおすすめのサイトや絶対にやってはいけないNG行為、出会うまでの流れを詳しく解説しています。



あなたは「イケメンじゃないから」「身長が低いから」「ハゲてるから」「年齢がいってるから」など、出会いから次の段階に発展できない理由をつけていませんか?

実は、見た目や年齢、年収など関係なく、セフレや恋人などの関係に発展させられる法則があります。

その法則とは、次のようなパターン化された恋愛ノウハウです。

  1. 圧倒的に出会いを増やす
  2. プロの会話術を簡単に身につける(口下手な人はメールやLINEで攻略可)
  3. ほとんどの男性が知らないセックステクニックを身につける

この流れをマスターすることで、外見や年収などに関係なく豊かなセックスライフを送ることができるでしょう。

各ノウハウは、こちらでレビューしています。

ネットを利用して出会いを増やす画期的手法です。一人ひとりに声をかけるよりも圧倒的な数の出会いを量産することができます。

口下手な男性の救世主的存在でしょう。テンプレート化しているため、そのとおりに実践すれば相手の好意をグングン上げることができます。

女性はセックステクニックのある男性からは離れられなくなります。ルックス、年収、年齢…そんなものは一切関係ありません。