ちんこを太くしたい人のためのペニス増大トレーニング法

ここでは「ペニスの長さもほしいが太さもほしい」「自分のチンコがひょろ長くて格好悪い」「セックスで相手を満足させられる太さになりたい」そんな男性向けの、ペニスを太くする増大トレーニングについて解説していきます。

 

太くするためのコツは、海綿体の隅々まで血液を行き渡らせること、そして細胞を刺激して活性化させることです。

 

次の2種類のトレーニングを行いましょう。

 

乳搾り式ペニス増大トレーニング

 

まずは細胞にしっかり血液を行き渡らせるため、牛の乳搾りの要領で増大トレーニングをしましょう。

 

トレーニングは半勃起状態にして以下の手順で行ってください。

 

  1. 片方の手の親指と人差指で輪をつくる
  2. つくった輪でペニスの根本を握り血流を制限する
  3. もう片方の手でも親指と人差指で輪をつくる
  4. ペニスの根本を握り中指→薬指→小指と順に握っていく
  5. 完全に握った手を離してから同様の動作を繰り返す

 

このトレーニングは、15回を1セットとし3セット行ってください。

 

血液を海綿体に十分に満たす必要があるため、必ず半勃起状態で行うことが大切です。

 

なお、完全勃起状態ではペニスが硬くて柔軟性がなく、握っても血液の移動が難しくなるため注意してください。

 

海綿体マッサージでペニスを太くする

 

次に、海綿体を強くマッサージすることで細胞を活性化、ペニスを太くするのを促進させます。

 

このトレーニングでは、完全勃起状態にしてから以下の手順で実践してください。

 

  1. 片方の手でペニスの根本を握り血流を制限する
  2. もう片方の手の指先を使ってペニスを根本から先端へ向けマッサージする
  3. 両手をペニスから完全に離し同様の動作を繰り返す

 

このトレーニングも、15回を1セットとし3セット行ってください。

 

大切なことは、ペニスの根本から亀頭の手前まで、各方向からまんべんなくマッサージすること。そして、指先を使って強く押すことです。

 

完全勃起状態でペニスが硬化しているため、軽く押す程度では刺激が伝わりにくいです。ただし、痛みが出るほど強くマッサージする必要はありません。

 

また、ペニスの裏側の部分(裏筋の部分)は尿道に近いため、マッサージを避けてください。

 

乳搾り増大トレーニングを繰り返す

 

最後に、乳搾り増大トレーニングをもう一度行いましょう。

 

半勃起状態に戻してから、同じ要領でペニスを握るエクササイズをします。回数は10回×3セットが目安です。

 

 

これで、ペニスを太くする増大トレーニングは終了です。

 

ペニスを長くしたいけど長茎トレーニングをまだ行っていない場合は、長茎トレーニングに戻ってください。

 

 

また、亀頭を重点的に増大させたい場合は、次の亀頭増大トレーニング進んでください。

 

→亀頭増大トレーニングに進む